肌に塗る治療薬

medicine

クリンダマイシンゲルとはどんなお薬なのでしょうか

クリンダマイシンゲルとは、ニキビの治療に使われる塗り薬です。殺菌作用があり、ニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を抑えるため、「塗る抗生物質」とも言われています。 クリンダマイシンゲルを入手するには、皮膚科で処方してもらう他に、ネット通販を利用する方法もあります。 クリンダマイシンゲルは、元々は「ダラシン」という製品名で使われてきました。しかし、ダラシンの特許切れにより、現在はジェネリックが複数社から発売されています。それが「クリンダマイシンゲル」です。クリンダマイシンゲルの薬価はダラシンの約2/3です。どの会社のジェネリックも同価格です。クリンダマイシンゲル10g1本のみの処方で、皮膚科と薬局の代金は2000円前後です。

今後価格はどうなっていくのでしょうか

病院にかかると2000円前後ですが、ニキビでは会社や学校を休めない場合も多く、ニキビ治療を諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな方にはネット通販をおすすめします。ネットでは、最安寝で1500円前後と、保険を使って病院にかかるより、金額的にお得な場合もあります。また、ジェネリック市場は複数社による競争のため、今後さらに価格が下がることも考えられます。 ニキビは、特定の感染症のように、発症数が激減することのあるような病気ではないため、より良く効き、より安全で、より価格の低いお薬が開発されていく可能性のある疾患だと言えます。 ニキビで悩んでいる方がいらっしゃる中、クリンダマイシンゲルは多くの皮膚科医にも信頼され、指示されているお薬です。